中国赴任準備  新型コロナウィルス後

中国ビザ受理条件の変更 最新情報

中国駐大阪総領事館から中国のビザ受理条件の変更について通知がありました。

今までは、ビザ取得のため招聘状(インビテーション)が必要でした。

しかし、居留許可を所有している等の条件を満たしていれば、招聘状が不要となります。

 

この記事でお伝えすること

・2020年8月22日時点の中国ビザ受理の条件

 

1. 中国駐大阪総領事館からの通知

2020年8月21日に中国駐大阪総領事館からビザ受理条件に関する通知がありました。

現在、中国へ渡航するにはビザが必要です。

2020年8月21日までは、①招聘状(インビテーション)を取得、②ビザを受理の流れでした。

しかし、①招聘状(インビテーション)が不要で直接ビザを受理できる条件が通知されました。

中国駐大阪総領事館 ビザ受理条件の公布に関する通知

 

中国駐大阪総領事館からの通知【8/21要約】

以下の条件を満たす者はビザセンターにビザを申請することができる

  • 中国政府が発行した有効な居留許可を所有する日本国籍者
  • 招聘状を取得している申請者本人及び随行する配偶者、未成年子女
  • 人道的な理由により、訪中する者。例:直系親族の危篤重病の見舞い、葬祭儀に参加

通知分内の「4. 人道的な理由により、訪中するもの(四、因下列人道事由需赴华的)」は大幅に省略しました、すいません。

 

まるくく
つまり、有効な居留許可があれば直接ビザを申請・受理できるってことか

有効な居留許可があれば、招聘状不要でビザを受理できるというのは大きな進歩ですね。

 

2. 中国ビザ取得の方法/流れ

①有効な居留許可が無い場合

招聘状(インビテーション)取得 → ビザ取得

②有効な居留許可がある場合

直接ビザ申請です。ビザ申請時には、2020年8月1日からオンライン申請とオンライン予約が必要です。

オンラインで申請ですので、以下の中国ビザ申請サービスセンター ウェブサイトから申請です。

サイト右上で場所を選択して、申請です。

中国ビザ申請サービスセンター ウェブサイト

 

社会人の方は代理業者に依頼することが多いと思います。

代理業者は料金が2万円前後必要ですが、やっぱり便利ですよね。

 

有効な中国の居留許可があればビザ申請が可能になったという情報でした。

少しずつですが、前に進んでいますね。

これからも何か進展があれば情報発信していきます。

-中国赴任準備 , 新型コロナウィルス後

© 2021 くたくたblog Powered by AFFINGER5