中国快適生活の必需品 中国生活

中国生活の快適度UP!!!買い物アプリ 盒马

中国に住んでいるときの毎日の生活で大変だったものは、やっぱり買い物でした。

家族で住んでいたら食料品の量もとても多く、持ち帰るのはとても大変。

 

日本にいるときは車での買い物が多かったため、

重い荷物を持ちながら幼児を連れて買い物に出るのはけっこうつらい作業でした。

お米や飲み物など重量のあるものはもちろん、野菜や果物といった生鮮食料品だってなかなか重いです。

 

 

そのため、宅配スーパーを利用していました。

私たちがよく使っていたのが、盒马(hema)というアプリ。

https://www.freshhema.com/

店舗でも買い物できるけど、宅配をメインにやってくれているスーパーです。

アプリから好きなものを選んで注文し自宅に届けてもらう、というまさにネットスーパー。

私たちがいたときはその店舗があるところの半径3㌔以内を配達してくれていました。

 

送料も無料!!

少量からでも注文できます。

このアプリを使い始めて、中国生活の快適度がうなぎのぼり!!!

あまりにも便利すぎて、日本に戻ってきたときに買い物するのがなんだか不便に感じたほどです。

事前準備としてやること

・支払い方法の登録

・自宅住所や電話番号を登録

したのちに利用できます。

 

私がよく買っていたものは、野菜や果物。

写真付きなので中国語が分からなくても、なんとなくで注文できちゃいます。

翻訳アプリを使いながら、欲しいものを検索できるところもよいです!

中国の玉ねぎは紫玉ねぎが多くて日本のような色のものが少ないんです。が、この店にはけっこうな割合で売っていました!

玉ねぎはうちの偏食の子供たちが食べられる数少ない野菜なのです。

色が変わると途端に食べなくなって困っていましたが、その問題も解決できました

日本の品物もほかのスーパーより品ぞろえ豊富で、お菓子や調味料、乾麺、洗剤なども売っています。日式と検索するといろいろ出てきます。

 

難点と言えば、少し値段が高めなところですね配送料は一日1回は無料。2回目以降は5元ぐらいだったと記憶しています。

あとは受け取りの時に、必ず電話がかかってくるところです!

中国語ができない私にとっては、これが一番つらいところでした。

が、電話がかかってくるのは「家の近くまで来たから下まで取りに来て」という定番の電話だけなので、なんとかなります。

アプリで配達の方の位置が分かるので、その画面をじっくり見ながら待機してます。

そのあと電話が鳴ったら、到着したよという電話だなと予測がつきます。

電話で何を言っているのかはほぼ分からないのですが「わかりました。すぐに降ります」という返事を返すと、

「はーい」と言って電話が切れます。

「わかりました。すぐに降ります」という中国語の「好的 我马上下来」だけは電話でも通じるようになってました笑

 

配達のものが足りなかったりしたときは、アプリから申請することができます。速やかに返金です。

1度だけ「あなたの注文したものは売り切れてしまってなくなってしまったよ」と電話がかかってきたことがありますが、ほとんどトラブルもなく利用できていました。

中国語が話せなくとも、勇気を出して使ってみる価値はあるアプリです

生鮮食料品はこのスーパーを使っていて、

ジュースやお米、お茶などまとめ買いできそうなものや、日本のものが買いたいときは陶宝(taobao)のアプリと使い分けていまsした。

-中国快適生活の必需品, 中国生活

© 2021 くたくたblog Powered by AFFINGER5