中国生活

中国生活 お部屋トラブル

中国生活で起こったおうちトラブルについて紹介します。

まるたた
家で家電が壊れてしまったり調子が悪くなった時の我が家の対象方法です。修理にかかる期間など参考にしてください!

 

中国の家電は壊れやすいのでしょうか?

それとも我が家のアタリがわるいのでしょうか?

それほど長い間住んでいなったような気もしますが、家電の故障は何度も経験しました。

そして何度修理を依頼しても、すっきりとは直らない家電たち。。

何度も何度も修理の業者さんにきてもらい修理が終わるまでには時間がかかってしまうことが多いです。

 

中国では、家具家電のついたマンションの一室を賃貸するというスタイルが多いです。

我が家の賃貸しているマンションの築年数が10年程度だったので、家電も10年ほどの経過年数なのだと思われます。

築10年を越えてくると、いろいろな家の不調に遭遇します。

故障してから修理に来てもらいますが、実は1度で直ることは少ないのです。もし同じような状況になった場合の心の持ちようの参考にされてください!

①洗濯機編

我が家のマンションに備え付けてあった洗濯機はドラム式の乾燥機能の付いた洗濯機でした。

空気の悪さを気にしていたため、洗濯物を外干ししなくてもいいのはとても魅力的で、毎日乾燥機能を使い倒していました。

実は私の中でドラム式は縦型の洗濯機と比較して、故障が多いイメージがありました。

日本でもドラム式の洗濯乾燥機を使っており乾燥機能の不調を何度も経験していたからです。

同じように中国の洗濯機でも洗濯物の乾きが悪くなるというという出来事が発生してしまいました。

 

内部に埃がたまってしまっているのかもと考え、できる範囲で自分自身できれいにしようとしましたが、

日本の洗濯機と構造が違っており、埃をうまく取り除くことは自力ではできませんでした。

それ以上の掃除もしようがなく、洗濯機の調子がよくなることはありませんでした。

我慢しても仕方ないので、管理会社に連絡をいれました。

故障の内容

洗濯機能に問題はなし

乾燥機能は動くが、洗濯物が乾かない

管理会社(日本語が通じる)に連絡を入れ、修理の人に来てもらいます。

修理の方は1名で来ます。中国人で日本語が通じません。私もほとんど中国語がしゃべれませんので、修理中は見守るのみです笑

日本人の多く住む大都市なら・・・日本語の通訳の方が居られたりと対応が異なるかと思います。

 

☆1回目☆

普通に洗濯・乾燥はできるので、故障と扱ってもらえず→どこも悪くない、乾燥させる洗濯物の量が少ないと乾かないことがある

と言われ終了

 

☆2回目☆

それ以降も乾燥機能が復活することはなく、再度修理依頼。

大がかりな部品交換になるため、家主と相談すると言われ終了

 

☆3回目☆

家主さんが新しい洗濯機を購入してくれるとのこと。

洗濯機の調子がわるくなってから、1か月程度経過し新品の洗濯機を配置しに修理業者の方が来てくれました。

新しい洗濯機になり、乾燥機能も絶好調となりました。

ここで洗濯機修理が解決するはずだったのですが・・・

 

☆4回目☆

洗濯機に給水する蛇口からの水漏れのため、修理の方に来てもらうことになりました。

蛇口の交換をしてもらい、ここですっきり解決です。所要時間1ヵ月半でした。

 

②ウォシュレット編

忙しい平日の朝6時半ごろでした。急に、ぶちっと音がしたあとすごい勢いで水が流れる音がし始めました。

最初はなにが起こったのか意味が分からなかったのですが、ウォシュレットと水道をつなぐ細いチューブにひびが入って

水漏れしてしまっていました。

水の勢いがすごすぎて、トイレから台所に水がどんどんあふれていきます。

ウォシュレットチューブの水道の栓を止めようにも、運が悪く栓がさびてしまっていて自力では回せません。。

水を止めることができないので、足首ぐらいまで水につかってしまいました。

部屋全体の水道を止めてもらい、ひとまず水は落ち着きました。

 

☆1回目☆

水道とウォシュレットをつなぐチューブの破損が水漏れの原因でした。

チューブの交換かな?修理まで何日かかかるかな?と思いきや、当日に修理に来てくれました。

破損したチューブのところを少しはさみで切ってつなぎ合わせて、修理終了です。

 

チューブ劣化していないのかな?大丈夫なのかな?という気持ちを抱えつつ修理を見守っていました。

 

同じ日の夜に、再度チューブが破損して、また家が水浸しに・・・

やっぱり。。。。。。。

 

☆2回目☆

新しいチューブを注文、取りつけて修理完了

2,3日後にチューブの接続が外れて、また家が水浸しに・・・・

 

☆3回目☆

新しいウォシュレットを取り付けてもらい、やっと完全に修理完了

所要期間2ヵ月(家主さんとの交渉がなかなか難しく時間がかかりました)

 

③シンクの下の水漏れ編

シンクの下の排水パイプからの水漏れです。洗面所の水漏れなど、水漏れトラブルは割とよくあります。

パッキンの交換かな?と想像するのですが、

パッキンの位置を少しずらして固定しなおし、ビニールテープでぐるぐる巻きにしてなおす。

というのが定番のパターンな感じです。

また水漏れするのでは?という不安はぬぐい切れませんが、きちんとなおっています。

 

あとは、換気扇が動かなくなったり、扇風機が動かなくなったりということがありました。

すべて大家さんと相談し、新しいものに交換していただき、快適な状態に戻っています。

日本では一度修理の人に来てもらったらすっきり直ることが多かったので、

修理しても修理してもほかの部分の具合が悪くなってしまう。というのを繰り返すのがなんとも疲れましたが

すっきり直るまでに3回はかかるとあらかじめ思っていたら、全然平気になりました。

もう少し中国語が堪能になれば状況も違うかと思いますが

もし同じような状況の方がいらっしゃったら参考していただければと思います。

 

 

 

-中国生活

© 2021 くたくたblog Powered by AFFINGER5